トップ «前の日記(2007-09-13) 最新 次の日記(2007-09-17)» 編集

U-memo

2006|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|08|
2009|08|10|
2010|02|03|
2011|11|12|
2012|04|
2016|02|
All= / Today= / Yesterday=

2007-09-15

_ [プロセッサ] 京速(ペタコン)のプレスリリース

正直なところ、試作評価期間(1年)が短いよなーと思う。 45nm プロセステクノロジの進捗は全然知らないけど。

研究開発の成果を明確にすることが求められる。くどいが、次世代機を開発して終わりではない。ステークホルダーである国民に、どう説明するかだ。貴重な税金をまさか「πの計算に使っています」とは言えないだろうから。

πでもちゃんと説明できれば良いと思うんだけど、 プレスリリースを見る限り、現状そこまですらほど遠い気はしますね。

_ [プロセッサ] 次世代スパコンは2010年に10PFを達成できるのか?

「可能である」といわれても、「どうやって?」

論旨に乗れば、ラック内の密度をあげるしかないという結論しかなさそうですね。BG/L とかはそういう方向じゃありませんでしたっけ。

M9000の1ラック32CPUは、

32CPU→192CPU/ラック になれば 6倍になるわけで、密度をあげたぶんUP性能を落とす羽目になったとしても単純に 5PF あたりは行ける計算になって、不可能と断じるには早い気がします。まぁ、何も語られていないので想像するしかありませんが。

そもそも SparcEnterprise はHPCではなくビジネス系サーバなので密度の考え方はスパコンと違って当然ですし(たとえば何百ノード以上をつなげることなんて考えられてないでしょう)。

ところで計算上は誤差かもしれませんが、このスパコン漫遊日記の計算は理論性能が(ですら?)10PF がアレと言っているけど、Linpack 10PF が目標設定だから、13PF くらいが理論peakでないといけないというのは要注意。

現在米国では10PFといったプランは、BG/Qを除いて、聞こえてこない。

牧野先生のところ

NSF のペタスケールの話がリリースされました。 HPC wire の報道によると
   * 2011 年完成
   * IBM Bluewater を イリノイ大学に
   * ピーク性能は 10 ペタフロップスらしい
とのこと。これは、CMU-Intel の 40Pflops、 UCSD-IBM(BG/Q) 20Pflops、
U Tennessee/ONRL-Cray 20Pflops を押しのけて採択されたもの

とか書いてあったりするわけなんですが。だから牧野先生に突っ込まれる羽目になるんでは、とか思った。

_ [雑記] プログラマの教養あるいは常識

結論: だいたいさあ、プログラマのくせに論理回路も知らねぇとなると、このジョークすらいちいち説明してやらにゃならんわけ?

「プログラマはシェークスピアを知っている」ことを暗黙のうちに仮定するのはいただけないとか思いました :-)

# すでに同案あり

(ネタばれ?) 分からん人はWikipediaの説明 へ。

本日のツッコミ(全2件) [ツッコミを入れる]
_ うんの (2007-09-18 14:45)

「わたしは IEEE 準拠の IEC logic symbol しか読めません」という言い訳を考えたのですが、野暮なのでやめておきました(なら、なぜここに書くのか)。<br><br>MIL 記号ににているけど、ちょっと違う流儀もあったと思うのですが、名称がわからなかった。<br>AND のお椀に線を貫通させて OR っやつ。

_ ukai (2007-09-19 10:48)

ドイツ方式かな。名前忘れた。<br> __<br> | \<br>-+--|<br>-+--|<br> |_/<br><br>こんなやつ。

_ 教養の達人:教養についてー日本のオーラとは? (2007-10-07 09:31)

天国の視点から、日本の主体性、物質主義、価値観、政治家、因果の法則、靖国問題、カルマなど、江原さんがさまざまな日本の問題について語って・・