トップ «前の日記(2007-11-16) 最新 次の日記(2007-12-06)» 編集

U-memo

2006|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|08|
2009|08|10|
2010|02|03|
2011|11|12|
2012|04|
2016|02|
All= / Today= / Yesterday=

2007-12-02 [長年日記]

_ [プロセッサ] 戦艦大和?

「地方債で建てた田舎の音楽ホール」か。いいな、このたとえ。

京速は(何かハコモノを)作ることを目的としていて、 その後を考えてない …というわけじゃないのだろうけど、 いまのところ「お題目」の域を超えてない(理研に入れる以外にどう展開するのか具体的にあるようには見えない)のはまずいやね。

日本では既存のスパコンの需要が極端に低いところに、需要喚起する策を打たないんだから仕方がないんだけど。

ここはもう相変わらずだからアレ(何?)だけど。

地球シミュレータのプロジェクト・プランには、ライフサイクル・マネジメントが欠落

そもそもこの手のものは5年で入れ替えになるところをさらに3年延命していたところを考えると、ES のプロジェクトの問題ではなく、後ろの玉が必要なのにもかかわらず無いまま放置してあたふたしている方がむしろ正しい。そもそも ES を増強する需要がなかったのかもしれないけど、いずれにせよ ES の問題ではないなぁ。

そこまでして ES を dis るのは屈折愛なのかもしれません。

次世代スパコン・プロジェクトのスカラ部をx86系にして何が不都合なのか

まぁ、x86 は相対的に浮動小数演算が弱いわけだがー。

理由をきちんと述べているところはないかもしれないけれど、国産であるべき論以外には信頼性の担保でしょうね。

# 牧野先生がどこかで「スパコンはよく落ちる」とかかいてたはずだけど

パソコンなら1ヶ月に1度落ちるペースでも痛くは無いけれど、その程度の信頼性のものを10万ノードに迫る数だけ集めると、1分に1度はどこかのノードが落ちる計算になって、これでは使いものにならない。

Opteron はいちおう元からサーバ向けに販売していることもあって、Intel Core よりは信頼性が高いという目算で採用されているんでしょう。実績は今後蓄積されるんでしょうが。

使えるレベルの信頼性というのは運用しないと見えてこないし、品質の違いは昔からなかなか価格に反映させてもらえない(評価しにくい)性質のものだから、難しい。

本日のツッコミ(全2件) [ツッコミを入れる]
_ うんの (2007-12-02 15:35)

http://jun.artcompsci.org/talks/mitaka20060113.pdf p.63 から 66 あたりのことでしょうか>大きな計算機ほど信頼性が低い旨。<br><br>あのデカい字のスライドみたときには、とても悔しかったのを覚えてます。<br><br>あんなことを言われてはいけない。

_ ukai (2007-12-02 15:43)

それそれ。