トップ 最新 追記

U-memo

2006|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|08|
2009|08|10|
2010|02|03|
2011|11|12|
2012|04|
2016|02|
All= / Today= / Yesterday=

2008-01-07 [長年日記]

_ [雑記] あけましておめでとうございます

知らない間に年が明けてしまった。


2008-01-10 [長年日記]

_ [tDiary] tDiary アップデート (2.2.0)

何が起こるかわからんけどー。 とりあえず上げてしまって様子を見るテスト。

(追記) RSSの配信がうまくいってないな。 文字コードがらみのように見えるってことは、 Ruby 1.8.1 では古いということで FA?


2008-01-11 [長年日記]

_ [tDiary] makerss

ruby のバージョンが古くて EUC-UTF8 の変換がダメだったので uconv を使うように修正した。

ちゃんと tDiary 2.2 の doc/README.html には 1.8.2 以上とかいてあるしー、ruby のバージョンあげろよ>おれ

(追記) あげた

_ [雑記] CentOS5

直接関係なさそうな SCIM まわりをいじっていたら boot できなくなった。 ログも吐かない (dmesg は single user mode で立ち上げたときのログで上書きされるしー) ようで試行錯誤が続いたが、 rhgb まわりでおかしい模様。

runlevel5 で rhgb を外した状態で起動するところまでは絞れたのだが、うーむ、locale 情報でも壊したか?

本日のツッコミ(全1件) [ツッコミを入れる]

_ ukai [ツッコミテスト]


2008-01-16 [長年日記]

_ [雑記] ポジション取りのくだらなさ

しかし名声、満足という価値基準を排除するとおまんま食い上げの危険にすらさらされるのが、なんだかなぁ、という感じ。

勝てば官軍、負ければ賊軍。

_ [雑記] 2008年のGPCC問題なの?

公式ページには情報はまだ出てないけど:

  • ブロックスデュオ継続
  • Celtis
  • 固定ピースヘキソミノ
  • ヘキソミノ36ピースを箱に詰める

来年も blokus duo やるんですって。 でも対戦の主力は Celtis なのかな。

後の二つは具体的に何をするのかまでは分からんけど、ヘキソミノは 35 pieces ではないでしょうかー。

_ [雑記] celtis

今年のGPCCではルール改良版が出される予定。

なので様子見かな。

本日のツッコミ(全2件) [ツッコミを入れる]

_ うんの [どっちも幻(気のせい)なんですけどね>官軍、賊軍]

_ ukai [まぁ、官軍(謎)の声が聞こえてこないのは良いことです。しあわせ。]


2008-01-23 [長年日記]

_ [雑記] 死屍累々

見捨てられることに慣れてしまった職場が普通に ゴロゴロしている場合の対処法を誰かっ!

_ [雑記] ブロックスデュオでパス

  • 指せる手があるのにパスしたため、反則負けとした。
  • パスに関するルールを明確にしておく必要がある。

(ありえないとは思うが) 「ブロックスデュオは後手必勝である」 なんてことが判明してしまった場合には、 先手の初手の最善手は「パス」になる(双方最善ならパスの応酬) わけだが、どうするんだろう。

# ほぼ間違いなく先手必勝だとは思うから杞憂もいいとこ。

DuOCaml は意図的なパスをされても動くようには作っておいたんだが、 初手のパスだけは例外動作が必要(「指定地点にかぶさるように打つ」のは先手後手ともに初手だけに発生するため)。 「パスは反則負け」なら実装する必要が無いからありがたい。

4人ブロックスなら初手は角からスタートなので、 こんな例外処理の必要は無いんだが (角の斜め裏に仮想ピースがあるようにしておけば良い)。


2008-01-26 [長年日記]

_ [雑記] 今センター試験をまともに解けるものか?

大学受験なんて遠い昔。

今何の対策も打たずにやったところでまともな点数が出るわけはないが、 全入時代と言うくらいだから入れる大学はきっとあるんだよなぁ。

_ [雑記] 平成20年度センター試験を解いてみた

というわけで、遠い過去と同じ種目を全部解いてみた。

  • 制限時間は守る。早く終わってよい(見直しまでする気はない)
  • 本番と同じ順番でやる (したがって地理歴史から)
  • 英語のリスニングはやらない

早く終わるルールのおかげで一日に詰め込むことができた。 受験生時代と同じく (微妙に正式名称は違うが)

  • 日本史B
  • 国語
  • 英語
  • 数学I.A
  • 数学II.B
  • 物理I
  • 化学I

の五教科七科目。

日本史B

記憶なんぞもうあるわけもないが、問題文と選択肢を見ると 微妙に思い出せるような気がするとかいう感じか。 現役受験生当時もセンター平均点前後しか取れなかったので 悲惨な結果が想像される。山勘に期待。

国語

現代文で稼がないと古典漢文は全くのお手上げに近い。 現役当時から古語はまったくダメだったし、漢文は 一つしか正解できなかった(それでよく合格したものだ) ので、現役当時とそれほど差がつかないかもしれない。

英語(筆記)

文法は苦手なのは昔も今も変わらないが、 それほど現役当時から悪くなる要素もなさそう。

数学I

忘れた公式があったときに基本定理から再生できるかどうか。 あと当時と範囲が微妙に異なっている点か。 確率が数I 範囲になっているのが厄介。 現役当時は数II (選択問題) だったので選択せずに済んだのだが。

数学II

忘れた公式があったときに基本定理から再生できるかどうか。 微積分は計算ミスがなければ問題ないだろうが。 時間が余ったらプログラミングまでやる。

化学

記憶がさっぱり抜けているので現役と比べて 最も落ちることが予想される科目。 有機は山勘しかない。

物理

公式はたいてい忘れているが微積分駆使して再現すれば 力学はクリアできるか。 熱力学が出たら死亡。 電磁気もフレミングの法則ちゃんと思い出せるかしら。

現代の受験生の平均点(中間報告より)

日本史B 64.27
国語 121.64
英語 125.27
数学I.A 66.32
数学II.B 51.02
物理I 64.55
化学I 64.21

結果

日本史B 62
国語 113 (うち現代文79)
英語 170
数学I.A 91
数学II.B 100 (なお第6問も時間内にやって満点)
物理I 79
化学I 65

えーと、得点率 75.6%?

現代文で落とした(ちゃんと読めばもう少し稼げたはず)のと、 数Iで問題読み間違ったのを除けば得点は妥当なところ。 ランクで言えばお茶の水くらいのようです<無理

国語の平均点割れは痛いなぁ。古典漢文で得点率3割ちょいではどうにもならんけど。 数学は余弦定理と∑n^2を忘れていたので捏造した以外はなんとか。

結論:人生に日本史と古典漢文と化学は不要(ぉ


2008-01-28 [長年日記]

_ [雑記] 不思議な物理

マイナスの質量の物体があるとする。この物体に対しては、運動方程式 F=ma のmも、万有引力の法則 F= GMm/r^2 の m も同時にマイナスになるようなものとする。地球上でこの物体は

(A)落ちる。 (B)加速しながら上昇する。 (C)静止する。

のどれか。

minus.png

F が負になるので、地球と物体は斥力が働く。 ところが物体の方は質量が負なので加速度は逆に地球に向く (ゆえに物体は地球上に落ちる)。

このとき、地球は質量が正なので、物体とは逆向きに(斥力と同じ方向に)加速度がかかる。

したがって、負の物体が地球上にある時、地球は等加速度運動をする!

負の質量の物体はエネルギー供給源になるわけだな。エネルギー保存則が成り立っていても永久機関できるんじゃね?

_ [雑記] 不思議な物理のつづき

この負の質量を持つ物体が地球に接しているとき、 「垂直抗力」はどう働くんだろう?

加速度は物体の方が速く、かつ地球にめり込むわけにはいかないから 何らかの抗力は働かないとおかしいのだが。

minus2.png


2008-01-29 [長年日記]

_ [雑記] 不思議な結論

東京理科大学数学教育研究所が1万人を対象に行った学力調査で判明した。

理科大への進学者が多い高校580校から任意に選び、調査協力を呼びかけた。

...

問題のうち約30問を国際教育到達度評価学会(IEA)が理系高校生に行った1980年度の国際数学教育調査(SIMS)と同一の問題にし、比較した。その結果、今回調査のほうが成績が上だった問題が全体の66・3%もあり、

1980年の「(理系の)高校生」と、現在の「東京理科大進学者の多い高校の理系」を比較してなぜ

同研究所の澤田利夫所長は「理系の生徒の学力は長期的にみて低下していないことが証明できた」と話している。

と結論付けられるのだ? 東京理科大って全国平均の大学でしたっけ? 東京理科大に進学する生徒がいる高校は全国平均的なんでしたっけ?

偏差値50と60を比べたら上がるのが当たり前で、 同一ラインで比較してないところから結論付けるのは無理がある。